スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ]

| スポンサー広告 |
壊れたおもちゃの取扱い
いつになく日陰に残雪が残る今日この頃。
お子さまの卒業・卒園に入学・入園を目前にお忙しいことと思います。

おもちゃもこの時期、卒業や下の子や知り合いの子に譲ったりしますが、おもちゃが壊れたときの取扱いについて
アドバイスのお話です。
近頃のおもちゃは、輸入商品が多数を占めているので、部品などがなかなか入手できませんし、日本の規格とも違う
ものが多く難儀しています。

そのような実態がありますので、
(1)壊れてしまったときは、そのままの状態で保存してください。
(2)おもちゃ本体が破損したときは、そのかけらも大切に保管してください。
(3)最近見かけますのは、部品の紛失が多いので部品も大切に保管してください。
(4)壊れたおもちゃの再生をこころみて、分解することのないようにお願いします。
(5)なかなか難しいことですが、壊れたときの症状がお子様から聞き取れたら記録をしておいてください。
このような対策をしていただくと、おもちゃの処置が早く、確実になります。
ぜひ、ご理解とご協力をお願いいたします。
スポンサーサイト
[ 2014/02/23 19:21 ]

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。